【再生水田守り人の会】へのお誘い


福島県の中通り天栄村大里の奥地に、山から土と水を授かり、人が水田を切り開く過程がそのままの景観となっている田んぼがあります。

この水田はいまから10年前まで耕作放棄地となっていました。
天栄米栽培研究会のメンバーが森に戻ろうとしていたこの田圃に、重機を入れ木を切り倒し根を取り去って復活させたことから「再生水田」と名付けられるようになったのです。
その様子は、映画「天に栄える村」にも描かれています。

2017年度からは、有志の農家さんたちのグループである「天栄村ファームコンソーシアム」が後を受け継いで、この場所を管理し、稲作を続行しています。
この再生水田の景観を未来に引き継ぐために再生水田の守り人になりませんか?

実は、再生水田の新たな第三幕のために人から田んぼへ素敵なプレゼントをスタートしました。2017年春から山側の水源に近い場所に、桜の苗木を2本植えたのです。これからも毎年少しずつ増やして行き、いつの日かその桜の下で、再生水田でとれたお米で作ったお結びを食べながら守り人が集まって花見をしたい・・・夢は膨らみます。

守り人の会費は、年会費5,000円です。
入会していただくと再生水田で収穫したお米(2017、18年度はササニシキ)を5キロご自宅にお届けします。

地元の農家でさえこの場所にたたずむと「心が洗われる」そんな再生水田の景観を守り続けるために、守り人さん大募集です。
18年度は20名の方にご賛同いただきました。
来年度は60名を目標としております。

こちらのお申込みフォームからお申込みいただけます。

またはこちらの用紙(PDF)を印刷の上、
記載の番号までFAXしていただくか、
世話役の金井までメールにてご連絡くださいませ。

2018年の募集口数は80口です。
再生水田のお米の関東地方までの送料は無料です。
関西地区は500円
北海道、四国、九州、沖縄は1000円
のご負担をお願いいたします。

「再生水田守り人の会」
代表 吉成邦市

守り人の会
初代世話役 金井景子

Facebook「再生水田守り人の会」のページでお知らせしていきますので、よろしくお願いします。

年始のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。
昨年は台風被害に見舞われ、再生水田での収穫やこれからの田んぼの収穫ツアーを断念するなど苦しいこともあった一年でしたが、
たくさんの応援やご支援をいただき本当にありがとうございました。心機一転、活動に励んでまいります。
2020年に立ち上げ3年目を迎える天栄村ファームコンソーシアムを、本年もよろしくお願いいたします。

2020年1月9日
天栄村ファームコンソーシアム(TFC)メンバー一同

台風被害・活動報告会@大森「柏庵」

11月24日 台風被害・活動報告会@大森「柏庵」

昨年11月24日午後1時から3時まで、大森のお蕎麦屋さん「柏庵」で、台風19号の被害とこれまでのTFCの活動を報告する会が開かれました。

急な呼びかけにも関わらず、小さなお子さんも含めて20名以上の方にお集まりいただき、終始穏やかな雰囲気の中、プログラムが進められました。

“台風被害・活動報告会@大森「柏庵」” の続きを読む

台風19号による被害状況と、報告会のお知らせ

天栄村の交流田で、村内外の仲間たちとお米作りをしている金井景子です。

2019年度は、例年にない異常気象と、度重なる台風到来に苦しめられた年でした。

「これからの田んぼ」は秋の高温によって登熟が想定外に進み、刈り取りの時期を早めざるを得なかったので、いつも楽しみに村外から参加してくれるメンバーでの稲刈りはできませんでした。協力農家さんにご負担をおかけしての刈り取りと長谷がけに、一息ついたのもつかの間、はせがけが台風で水没し、それを二度までも協力農家さんに仕立て直してもらうというお世話をおかけしました。

“台風19号による被害状況と、報告会のお知らせ” の続きを読む

「ユキさんの子そだち・米そだち・ニラそだち日誌」 第1回・春

本日より新連載エッセイが始まりました!天栄村で夫婦二人三脚、お米とニラ、ウコッケイ、そして二人のお子さんを育てているユキさんが、農作業の様子や天栄村の暮らし、そして家族や村の方々との心の触れ合いを生き生きと文章と写真につづっています。ぜひ、ご覧ください!

“「ユキさんの子そだち・米そだち・ニラそだち日誌」 第1回・春” の続きを読む

土屋遙一朗 早苗メンバー卒業のお知らせ ならびにメッセージ

TFCホームページをご覧くださっているみなさま、いつもありがとうございます。

2019年3月をもちまして、土屋遥一朗が早苗メンバーを卒業し、TFCの活動から離れることとなりました。

お知らせとともに、メッセージを全文そのまま掲載させていただきます。

“土屋遙一朗 早苗メンバー卒業のお知らせ ならびにメッセージ” の続きを読む

天栄村ファームコンソーシアムより 年末のごあいさつ

当ウェブサイトをご覧くださっている皆さま、いつもご愛読ありがとうございます。

私たち天栄村ファームコンソーシアムは、今年4月のキックオフ以来、「福島県天栄村から、やさしく、つよい米作り・人作りをめざして」をスローガンに掲げ、天栄村の内外で様々な活動を続けてきました。

当サイトでもよく紹介している【上農になろう!プロジェクト】では、天栄村上松本の「これからの田んぼ」を主な活動の場所として、機械化以前の手作業での米作りに協力して取り組んでいます。

“天栄村ファームコンソーシアムより 年末のごあいさつ” の続きを読む

2018年度【上農になろう!】稲刈りツアー レポート

1.田んぼに集まれ!

10月21日、日曜日、天栄村は本日も晴天なり!
田植え、草刈りに続き、わが社TFCはハレの日の天候運にかなり恵まれているようだ。

きれいに澄み切った秋の青空のもと、わずかに紅葉ののぞく妙見山、そして天栄村を東西に貫く釈迦堂川に沿って広がる一面の田んぼ。そのほとんどはすでに稲刈りが終わり、私たちの「これからの田んぼ(写真上)」を残して写真下のような光景が広がっていた。煙が出ているのはコンバインで刈り取られ脱穀された〈もみがら〉や〈わらくず〉をまとめて焼いた跡だ。これらは田んぼに鋤きこまれることもあり、そのまま来年の米を育てる養分となる。

“2018年度【上農になろう!】稲刈りツアー レポート” の続きを読む