「青燈――或る青年の田園記――」第1回


★この「青燈」は、TFC早苗メンバーの「土屋 遥一朗」が、天栄村での稲作・畑作の学びを通じて体験したことや、心に思ったことをスケッチした文章です。(不定期連載)
最新の記事は筆者のFACEBOOKページから読むことができます。


第1回


2018.6.8

今日の事。
朝3時半に小山を出る。6時半に“これからの田んぼ”に到着する。吉成さんから電話。
「田んぼに水、入ってっかい?」 水がしっかり溜まっていなければ、除草機が効果を発揮できない。正直なところ、どの位溜まっていればいいのか、戸惑った。端の方の土が顔を出していたので、堰を開けて水を入れる。間もなく、吉成さんが到着。やはり、水が少なかった。

“「青燈――或る青年の田園記――」第1回” の続きを読む