2019年度 田植えツアーのお知らせ!

2019年度田植えの詳細です!

今年度も、ご参加されやすいよう、ツアーを2つにしました。お待ちしています!

Facebookをされている方で参加ご希望の場合は、
ツアー1→金井景子
ツアー2→宮下容子(Yoko Miyashita)
までメッセージをお願いいたします。

Facebook以外の方法で新たに申し込みをされる場合、どちらのツアーを希望されるか明記した上、メールで「金井景子」(「天栄村元気プロジェクト」主宰、「田んぼクラブ」世話役、「天栄村ファームコンソーシアム」企画・雑用担当)までお申し込みください。
ツアー1に参加ご希望の方は、金井の方から直接ご連絡を差し上げます。
ツアー2に参加ご希望の方は、リーダー宮下さんにおつなぎいたします!

ツアーの申し込みの締め切りは、それぞれの詳細の末尾に記してあります。
(Facebookメッセンジャー・メールともに、締め切り日時は同じです)

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

*ツアー1(日帰りです)

5月19日(日曜日)「上農になろう!ツアー 田植え編」日程

リーダー:金井景子

10:00ごろ 天栄村これからの田んぼに集合
       新幹線組 東京駅発7:44→新白河駅着9:11
       在来線組 東京駅5:53→新白河駅着9:32
       あらかじめお申し出いただくと、車でお迎えに参ります。
10:10 田植え開始 第1ラウンド
11:10 一服タイム(〜11:30)
11:30 田植え 第2ラウンド
12:30 植え終わったところで田植え終了。
12:30 これからの田んぼのそばで、お昼ご飯と交流会(〜13:30)
13:30 再生水田へ移動。
13:40 再生水田の見学と、ミニ講座「田んぼを創る−−再生水田の取り組み」(天栄村ファームコンソーシアム代表・吉成邦市さん)(〜14:30)
14:30 藤沼温泉「山ゆり荘」の立ち寄り湯へ移動。
15:50 入浴(〜15:40)。
15:40 新白河駅へ出発。
      新幹線組 新白河駅16:33発
      在来線組 新白河駅17:10発

田植え参加費 700円(おやつ、飲み物、協力農家さんへのお礼のお菓子代を含みます)
昼食代 800円(これからの田んぼのそばにある、カフェ「小麦丘」さんと田んぼクラブのコラボメニューです。)
入浴代は、各自、お支払いください。

申し込み締め切り:5月10日(金)23:59まで。
Facebookをされている方は、メッセンジャーで「金井景子」にお申し込みください。すでにリーダーに連絡済みの方はけっこうです。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

*ツアー2(1泊2日です)

5月25、26日(土・日)「農の風景を楽しもう!ツアー、田植え編」日程

リーダー:宮下容子

5月25日(土)
13時半ころ田んぼに集合して田植え
16時前に終了、温泉へ
18時から宴会
21時までに宴会撤収、宿へ(農家民宿ココ)
5月26日(日)
朝食後湯本温泉へ。つげ義春も愛した秘境ツアーなど。
お昼を食べて14時くらいに解散
参加費用は宿泊費+食費+お酒代+お湯代+雑費で最大でも10,000円程度、それに交通費が別途かかります。
交通手段ですが、新白河駅からタクシーをご利用いただくか(12:32着でいらっしゃる参加者が3、4名になると、目的地の田んぼまで割勘で、お一人2000円弱になります)、人数が少ない場合はお迎えに参ります。

申し込み締め切り:5月20日(月)23:59まで。
Facebookをされている方は、 メッセンジャーで「Yoko Miyasita」までお申し込みください。すでにリーダーに個別に連絡済みの方は結構です。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

2018年度【上農になろう!】田植えツアー レポート

2018年度【上農になろう!】田植えツアー レポート

6月2日朝10時、晴れ。天栄村・上松本。ウグイスやホトトギスのさえずりがこだまするなか、妙見山を間近に望む「これからの田んぼ」に、続々と車が、人が集まってきた。
TFCの稲穂メンバー・早苗メンバー一同と、米作りの道ひとすじ三十年越えの大ベテランの農家さんから、何回も田植えに参加している漁師さん、そして今日はじめて田んぼに入るというシティーボーイ(会社員・大学生・高校生)たちまで、遠くは東京横浜方面から、あるいは南三陸町から、そして地元・天栄村から集まった総勢二十人ばかりの老若男女があぜ道に並んで、今から始まる田植えの始まりを今か今かと待っていた。

近年では、水田に苗を植える作業は「田植え機」を使って行われることが多く、田んぼ一枚をまるごと手で田植えをすることは地元の農家(=TFC稲穂メンバー)の人々にとってもとても珍しいそうだ。
「温故知新」をテーマとする「上農になろう!」プロジェクトでは、昔の米作りで行っていた【田植え・草取り・稲刈り】に至るまでの作業を、機械ではなく人の手で体験することを通じて、先人たちの体験をたどり、知恵を学ぶことをめざしている。

“2018年度【上農になろう!】田植えツアー レポート” の続きを読む