台風19号による被害状況と、報告会のお知らせ

天栄村の交流田で、村内外の仲間たちとお米作りをしている金井景子です。

2019年度は、例年にない異常気象と、度重なる台風到来に苦しめられた年でした。

「これからの田んぼ」は秋の高温によって登熟が想定外に進み、刈り取りの時期を早めざるを得なかったので、いつも楽しみに村外から参加してくれるメンバーでの稲刈りはできませんでした。協力農家さんにご負担をおかけしての刈り取りと長谷がけに、一息ついたのもつかの間、はせがけが台風で水没し、それを二度までも協力農家さんに仕立て直してもらうというお世話をおかけしました。

また、私たちの心のオアシスである、大里地区の奥に位置する、再生水田は、台風19号により、土砂崩れで行く道の橋が崩れ落ち、川に沿って田んぼの脇にあった道は激流にえぐられ、田んぼにも土砂が入ってしまいました。現状を確認に行って下さった農家さんたちの判断で、今年度は稲刈りを断念せざるを得なくなりました。

大里地区ではこの他にも、農地に甚大な被害を受けた箇所が複数あります。

お米やお酒を通して、天栄村に縁を結んだ村外の皆さんにも、こうした年だからこそ、現状を知ってもらい、来年度に向け、再起を誓うことが出来たら良いな!と思い、農家さんたちと相談して、報告会を持つことにしました。

天栄村での秋うないが終わり、師走の慌しさに入る前に。。
ということで、

 とき: 11月24日 日曜日 13:00より15:00
 ところ:柏庵(JR大森駅そばです)
 参加費:4500円(お料理+飲み放題の料金です)

で開催いたします。
当日は、土鍋で炊いた、新米のおむすびも召し上がっていただこうと思っています。

急なお誘いですが、
農家さんたちのお話に耳を傾け、
天栄村の美酒の盃も傾け、
来年度に向けて再起を誓い合えたら嬉しいです。

当日のプログラム:

  • 吉成邦市さん(吉成農園、天栄村ファームコンソーシアム代表)
    「写真で辿る天栄村大里地区の水害の現況」
  • 馬場吉信さん(馬場農園、天栄村ファームコンソーシアム稲穂メンバー)
    「災害の備えは大丈夫ですか??あの日の、我が家のことなど」
  • 金井景子(天栄村元気プロジェクト、田んぼクラブ世話役、天栄村ファームコンソーシアム企画・雑用担当)
  • 「再生水田の生き物たち~神田外語大学飯島明子先生チームの調査から」
    (*2019年5月と6月に調査した際の中間報告です)

ご参加をご希望の方は、Facebookメッセンジャーで、
あるいは
メールにて、
金井景子まで、お申し込みください。

天栄村ファームコンソーシアム 企画・雑用担当
金井景子

天栄村ファームコンソーシアムより 新年度のごあいさつ

当ウェブサイトをご覧くださっている皆さま、いつもご愛読ありがとうございます。
新しい年度の始まりに、天栄村ファームコンソーシアムはキックオフ一周年を迎えます。

昨年の一年間で、
【上農になろう!プロジェクト】(田植え・草取り・稲刈りを中心に)
【一所懸命プロジェクト】(これからの田んぼ)
【再生水田】への取り組み
の三本の活動を成功させることができました。
今年度も引き続き、参加型の農事イベントを企画・ご案内してまいります。

“天栄村ファームコンソーシアムより 新年度のごあいさつ” の続きを読む

2018年度【上農になろう!】稲刈りツアー レポート

2018年度【上農になろう!】稲刈りツアー レポート

1.田んぼに集まれ!

10月21日、日曜日、天栄村は本日も晴天なり!
田植え、草刈りに続き、わが社TFCはハレの日の天候運にかなり恵まれているようだ。

きれいに澄み切った秋の青空のもと、わずかに紅葉ののぞく妙見山、そして天栄村を東西に貫く釈迦堂川に沿って広がる一面の田んぼ。そのほとんどはすでに稲刈りが終わり、私たちの「これからの田んぼ(写真上)」を残して写真下のような光景が広がっていた。煙が出ているのはコンバインで刈り取られ脱穀された〈もみがら〉や〈わらくず〉をまとめて焼いた跡だ。これらは田んぼに鋤きこまれることもあり、そのまま来年の米を育てる養分となる。

“2018年度【上農になろう!】稲刈りツアー レポート” の続きを読む

2018年度【上農になろう!】田植えツアー レポート

2018年度【上農になろう!】田植えツアー レポート

6月2日朝10時、晴れ。天栄村・上松本。ウグイスやホトトギスのさえずりがこだまするなか、妙見山を間近に望む「これからの田んぼ」に、続々と車が、人が集まってきた。
TFCの稲穂メンバー・早苗メンバー一同と、米作りの道ひとすじ三十年越えの大ベテランの農家さんから、何回も田植えに参加している漁師さん、そして今日はじめて田んぼに入るというシティーボーイ(会社員・大学生・高校生)たちまで、遠くは東京横浜方面から、あるいは南三陸町から、そして地元・天栄村から集まった総勢二十人ばかりの老若男女があぜ道に並んで、今から始まる田植えの始まりを今か今かと待っていた。

近年では、水田に苗を植える作業は「田植え機」を使って行われることが多く、田んぼ一枚をまるごと手で田植えをすることは地元の農家(=TFC稲穂メンバー)の人々にとってもとても珍しいそうだ。
「温故知新」をテーマとする「上農になろう!」プロジェクトでは、昔の米作りで行っていた【田植え・草取り・稲刈り】に至るまでの作業を、機械ではなく人の手で体験することを通じて、先人たちの体験をたどり、知恵を学ぶことをめざしている。

“2018年度【上農になろう!】田植えツアー レポート” の続きを読む

2018年度 【上農になろう!】【田んぼを楽しもう!】草取りツアーのお知らせ

2018年度田植えツアーの詳細です!

★今年度の本イベントは無事終了しました。ご参加いただいたみなさま ありがとうございました。★

“2018年度 【上農になろう!】【田んぼを楽しもう!】草取りツアーのお知らせ” の続きを読む