「ユキさんの子そだち・米そだち・ニラそだち日誌」 第1回・春

本日より新連載エッセイが始まりました!天栄村で夫婦二人三脚、お米とニラ、ウコッケイ、そして二人のお子さんを育てているユキさんが、農作業の様子や天栄村の暮らし、そして家族や村の方々との心の触れ合いを生き生きと文章と写真につづっています。
ぜひ、ご覧ください!

(掲載ペースは季節ごとに1本の予定です)

春です!茶色ばかりだった冬景色から、オオイヌノフグリ、スミレ、たんぽぽ、スイセン、ムスカリ・・・色とりどりの花々と優しい緑の葉や草が辺りに広がり、ウキウキ気分にしてくれます。くちばしに藁を加えているセキレイが庭にいるなーと思ったら、作業所の軒下に巣を作っていました。78歳の義父母曰く「セキレイは幸せを運んでくれる」そう!きっと、いいことあるね!

▲幸せを運ぶ鳥 セキレイ

さて、4/1は家族総動員、ご近所の方にも手伝っていただき、ニラの種まきをしました(我が家は11~3月、ハウスニラの出荷をしています)。小学6年生になる娘、4年生になる息子も3年目の今ではすっかり仕事の手順を覚え、なくてはならない存在になりました。皆で協力してまいた種は、5月末に畑に植える日までビニールハウスの中で育てます。

そして桜が咲くころ、ご近所親戚4軒“結い”で行っている、米の種まきが始まります。4/13の我が家の種まきには17名の方々が集まってくださいました。それぞれの年齢性別に合った持ち場を担当し、皆でワイワイ賑やかに作業します(夫と私は密かに神経張り巡らしていますが・・・ )。午前と午後の一服も楽しみの一つ。丸一日かかりましたが、米の種がまかれた1400枚の苗箱が、ビニールハウスにきれいに並びました。こちらもGW明けの田植まで、ビニールハウスで育てます。

▲米の種まきの準備をしている透公さん(写真は去年のものです)

20度を超す暑い日があれば、雪が積もるほど寒い日があったり、強い風が吹き荒れる日もある4月。ビニールハウス内の温度は天候によって急に上がったり下がったり。赤ちゃん苗を守るため、義母が24時間こまめに温度管理をし、日中は水やりもしてくれます。ハウスの隣の畑には様々な苗を植え、家族のため、たくさんの野菜も育ててくれています。

その間に夫は、田の畔を何度も歩き有機肥料をまき、ニラ畑にたい肥を入れ、田に水を入れるため水口を確認・準備をし、早朝から田へ何度も行き来し水を入れ、ようやく代掻きが始まります。義父と私は、ニラ畑に肥料をまき、たい肥場からたい肥を運んでは畑に入れ、ニラのハウスのビニールは冬場だけ使うので乾かして片付けて、苗を植える畑をトラクターで耕して。加えて、米の販売・精米発送作業、支払い関係で郵便局や農協へ行き帳簿をつけて…毎日天気予報をチェックし、優先順位をつけて、仕事をこなしていきます。かわいいなと眺めていた庭の草花も、いつの間にやら雑草と化してきました。あ~、草むしり草刈りの季節到来だ!

そしてGWに突入。子供たちは学校が休みなので、この原稿を書いていると絶えず仕事部屋に来て
「ねー、何しているの?」
「ねー、お昼ごはん何?」
「ねー、足が筋肉痛で痛いの」
「ねー、田植えはいつからするの?」と、「ねーねー」攻撃が始まります。

「宿題は終わったの?(部屋に追いやる作戦)」と聞くと
「今日の分は終わったよー」(作戦失敗?!) 

気分転換にと、子供たちと自転車で田んぼ道を走りに行きました。

「ねー、お母さん!きれいだよー」

水が入った田んぼに青空と白い雲が映り、大きな鏡のよう。今しか見られないこの景色。ここに住んでいるからこそ見られる景色。早速セキレイがささやかな幸せを運んでくれた、4月の終わりのことでした。

書き手:石井友紀(いしい ゆき)

兵庫県赤穂市出身、天栄村在住

2005年4月NPO法人地球緑化センターのプログラム“緑のふるさと協力隊”として
一年間天栄村で住民として暮らす。

TFC稲穂メンバーの石井透公と出会い、2006年9月結婚。
夫婦二人三脚、お米、ニラの栽培に取り組んでいます。

趣味は旅行。実家に帰省がてら、名所めぐりをすることが楽しみ。

天栄村ファームコンソーシアムより 新年度のごあいさつ

当ウェブサイトをご覧くださっている皆さま、いつもご愛読ありがとうございます。
新しい年度の始まりに、天栄村ファームコンソーシアムはキックオフ一周年を迎えます。

昨年の一年間で、
【上農になろう!プロジェクト】(田植え・草取り・稲刈りを中心に)
【一所懸命プロジェクト】(これからの田んぼ)
【再生水田】への取り組み
の三本の活動を成功させることができました。
今年度も引き続き、参加型の農事イベントを企画・ご案内してまいります。

“天栄村ファームコンソーシアムより 新年度のごあいさつ” の続きを読む

土屋遙一朗 早苗メンバー卒業のお知らせ ならびにメッセージ

TFCホームページをご覧くださっているみなさま、いつもありがとうございます。

2019年3月をもちまして、土屋遥一朗が早苗メンバーを卒業し、TFCの活動から離れることとなりました。

お知らせとともに、メッセージを全文そのまま掲載させていただきます。

みなさま、ご無沙汰しております。稲刈りが終わって以来、すっかりフェイスブックの更新もなく、何をしてたんだとご心配をおかけしてしまったかもしれません。まずは、すみません。

このメッセージを書こうとして、何を、どうやって伝えたらいいのか、悩みました。

このメッセージを、言葉の技術に頼って書き、きれいに消えてしまうのは簡単です。でも、それじゃ済まない、あんまりにも貰ったものが多すぎる、だから、悩みました。それで、思ったそのままを、読んでもらいたいと、そうしてこれを書いています。

これは、僕が「毎週天栄村に通っている人」として書く、最後のメッセージです。

“土屋遙一朗 早苗メンバー卒業のお知らせ ならびにメッセージ” の続きを読む

天栄村ファームコンソーシアムより 年末のごあいさつ

天栄村ファームコンソーシアムより 年末のごあいさつ

当ウェブサイトをご覧くださっている皆さま、いつもご愛読ありがとうございます。

私たち天栄村ファームコンソーシアムは、今年4月のキックオフ以来、「福島県天栄村から、やさしく、つよい米作り・人作りをめざして」をスローガンに掲げ、天栄村の内外で様々な活動を続けてきました。

“天栄村ファームコンソーシアムより 年末のごあいさつ” の続きを読む

2018年度【上農になろう!】稲刈りツアー レポート

2018年度【上農になろう!】稲刈りツアー レポート

1.田んぼに集まれ!

10月21日、日曜日、天栄村は本日も晴天なり!
田植え、草刈りに続き、わが社TFCはハレの日の天候運にかなり恵まれているようだ。

きれいに澄み切った秋の青空のもと、わずかに紅葉ののぞく妙見山、そして天栄村を東西に貫く釈迦堂川に沿って広がる一面の田んぼ。そのほとんどはすでに稲刈りが終わり、私たちの「これからの田んぼ(写真上)」を残して写真下のような光景が広がっていた。煙が出ているのはコンバインで刈り取られ脱穀された〈もみがら〉や〈わらくず〉をまとめて焼いた跡だ。これらは田んぼに鋤きこまれることもあり、そのまま来年の米を育てる養分となる。

“2018年度【上農になろう!】稲刈りツアー レポート” の続きを読む

馬場吉信(稲穂メンバー)インタビュー 第1回

馬場吉信(稲穂メンバー) インタビュー第一回(抄録)
収録:2018年4月13日
聞き手:島村 健(TFC広報担当)
立ち合い:土屋遥一朗(TFC早苗メンバー)

1.TFCコンセプトのおさらい

今日は土屋さん、島村さんに向けて、ざっくり、天栄村ファームコンソーシアム(以下、TFC)コンセプトをおさらいしたいと思います。

先日金井景子先生とかも入って話し合って、「参画と協働」ていう中で、いろいろやっていこうかということがコンセプトでいいよね、ということが総意で、TFCのコンセプトは「参画と協働」、これでいこうと。

〈早苗チーム〉は大学の関係とか、「これから(の田んぼ)」が中心。早苗は苗だから、種まきをして、成長して、刈り取りまでっていうことが一つの流れで。それを短期・中期・長期、「参画と協働」という基本理念、コンセプトに基づいて、スタートをしつつ、短期的には「何やるべ」、と。中期は「こんなことできたらいいね」、と。長期的には、「こういうふうにもっていきたいよね」、ということが、島村さんのコーディネートになるという風に思うのね。

藤村正宏という著者の『エクスペリエンス・マーケティング』って本がある。どういう内容かというと、「技術を売るな」「体験を売りなさい」ということなの。技術を売るよりも、体験を売ることに軸足を置いた方が、文字通り身になるスピードが速いですよ、ということなのね。

(その本の中で)恋愛についての話もちょっとしていたけど “馬場吉信(稲穂メンバー)インタビュー 第1回” の続きを読む

「青燈――或る青年の田園記――」第1回


★この「青燈」は、TFC早苗メンバーの「土屋 遥一朗」が、天栄村での稲作・畑作の学びを通じて体験したことや、心に思ったことをスケッチした文章です。(不定期連載)
最新の記事は筆者のFACEBOOKページから読むことができます。


第1回


2018.6.8

今日の事。
朝3時半に小山を出る。6時半に“これからの田んぼ”に到着する。吉成さんから電話。
「田んぼに水、入ってっかい?」 水がしっかり溜まっていなければ、除草機が効果を発揮できない。正直なところ、どの位溜まっていればいいのか、戸惑った。端の方の土が顔を出していたので、堰を開けて水を入れる。間もなく、吉成さんが到着。やはり、水が少なかった。

“「青燈――或る青年の田園記――」第1回” の続きを読む