2018年度【上農になろう!】稲刈りツアー レポート

2018年度【上農になろう!】稲刈りツアー レポート

1.田んぼに集まれ!

10月21日、日曜日、天栄村は本日も晴天なり!
田植え、草刈りに続き、わが社TFCはハレの日の天候運にかなり恵まれているようだ。

きれいに澄み切った秋の青空のもと、わずかに紅葉ののぞく妙見山、そして天栄村を東西に貫く釈迦堂川に沿って広がる一面の田んぼ。そのほとんどはすでに稲刈りが終わり、私たちの「これからの田んぼ(写真上)」を残して写真下のような光景が広がっていた。煙が出ているのはコンバインで刈り取られ脱穀された〈もみがら〉や〈わらくず〉をまとめて焼いた跡だ。これらは田んぼに鋤きこまれることもあり、そのまま来年の米を育てる養分となる。

“2018年度【上農になろう!】稲刈りツアー レポート” の続きを読む

馬場吉信(稲穂メンバー)インタビュー 第1回

馬場吉信(稲穂メンバー) インタビュー第一回(抄録)
収録:2018年4月13日
聞き手:島村 健(TFC広報担当)
立ち合い:土屋遥一朗(TFC早苗メンバー)

1.TFCコンセプトのおさらい

今日は土屋さん、島村さんに向けて、ざっくり、天栄村ファームコンソーシアム(以下、TFC)コンセプトをおさらいしたいと思います。

先日金井景子先生とかも入って話し合って、「参画と協働」ていう中で、いろいろやっていこうかということがコンセプトでいいよね、ということが総意で、TFCのコンセプトは「参画と協働」、これでいこうと。

〈早苗チーム〉は大学の関係とか、「これから(の田んぼ)」が中心。早苗は苗だから、種まきをして、成長して、刈り取りまでっていうことが一つの流れで。それを短期・中期・長期、「参画と協働」という基本理念、コンセプトに基づいて、スタートをしつつ、短期的には「何やるべ」、と。中期は「こんなことできたらいいね」、と。長期的には、「こういうふうにもっていきたいよね」、ということが、島村さんのコーディネートになるという風に思うのね。

藤村正宏という著者の『エクスペリエンス・マーケティング』って本がある。どういう内容かというと、「技術を売るな」「体験を売りなさい」ということなの。技術を売るよりも、体験を売ることに軸足を置いた方が、文字通り身になるスピードが速いですよ、ということなのね。

(その本の中で)恋愛についての話もちょっとしていたけど “馬場吉信(稲穂メンバー)インタビュー 第1回” の続きを読む

「青燈――或る青年の田園記――」第1回


★この「青燈」は、TFC早苗メンバーの「土屋 遥一朗」が、天栄村での稲作・畑作の学びを通じて体験したことや、心に思ったことをスケッチした文章です。(不定期連載)
最新の記事は筆者のFACEBOOKページから読むことができます。


第1回


2018.6.8

今日の事。
朝3時半に小山を出る。6時半に“これからの田んぼ”に到着する。吉成さんから電話。
「田んぼに水、入ってっかい?」 水がしっかり溜まっていなければ、除草機が効果を発揮できない。正直なところ、どの位溜まっていればいいのか、戸惑った。端の方の土が顔を出していたので、堰を開けて水を入れる。間もなく、吉成さんが到着。やはり、水が少なかった。

“「青燈――或る青年の田園記――」第1回” の続きを読む

2018年度【上農になろう!】田植えツアー レポート

2018年度【上農になろう!】田植えツアー レポート

6月2日朝10時、晴れ。天栄村・上松本。ウグイスやホトトギスのさえずりがこだまするなか、妙見山を間近に望む「これからの田んぼ」に、続々と車が、人が集まってきた。
TFCの稲穂メンバー・早苗メンバー一同と、米作りの道ひとすじ三十年越えの大ベテランの農家さんから、何回も田植えに参加している漁師さん、そして今日はじめて田んぼに入るというシティーボーイ(会社員・大学生・高校生)たちまで、遠くは東京横浜方面から、あるいは南三陸町から、そして地元・天栄村から集まった総勢二十人ばかりの老若男女があぜ道に並んで、今から始まる田植えの始まりを今か今かと待っていた。

近年では、水田に苗を植える作業は「田植え機」を使って行われることが多く、田んぼ一枚をまるごと手で田植えをすることは地元の農家(=TFC稲穂メンバー)の人々にとってもとても珍しいそうだ。
「温故知新」をテーマとする「上農になろう!」プロジェクトでは、昔の米作りで行っていた【田植え・草取り・稲刈り】に至るまでの作業を、機械ではなく人の手で体験することを通じて、先人たちの体験をたどり、知恵を学ぶことをめざしている。

“2018年度【上農になろう!】田植えツアー レポート” の続きを読む

みどり幼児園(八王子市)田植え体験レポート’18

みどり幼児園(八王子市)田植え体験レポート’18
文責・写真 島村 健(天栄村ファームコンソーシアム 広報担当)

 5月29日、くもり時々晴れのこの日、天栄村ファームコンソーシアムの稲穂メンバー・吉成さんと馬場さんが、八王子市裏高尾の「みどり幼児園」の田植え体験の応援に駆けつけてくれました。田植え体験終了後には保護者の方々を中心とした映画「天に栄える村」上映会と、「龍田米」やアスパラガスの直売も行い、園児たちや保護者のみなさま、そして保育士の先生方とも活発に交流することができました。

“みどり幼児園(八王子市)田植え体験レポート’18” の続きを読む

吉成邦市(代表/稲穂メンバー)インタビュー 第1回

吉成邦市 インタビュー第一回(抄録)
収録:2018年4月13日
聞き手:島村 健(TFC広報担当)
立ち合い:土屋遥一朗・吉成駿介(TFC早苗メンバー)

――天栄村ファームコンソーシアムについて、4月1日からホームページもアップされているのですけれども、立ち上げから今後一年間、何をするか教えてください。

 ファームコンソーシアムという名前は金井先生につけていただいたんだけど、結局何をやりたいのかといったら、農家さんて個人経営なんですよね。
 個人経営だけでやっていると、どうしても情報とか、トライすることとかが限られてくる。
 それで私はたまたま役所にいるときに、(天栄米栽培)研究会というのを作って、やっぱり、全然違うわけですよね。同じことをやっても十通り、あとは違う土地、その年によって天候も全く違う。天候が、一人でやったら十年かかっても毎年違う、同じデータが取れないわけですよ。ところが、同じ天候の中で十人でやれば十通りのデータが取れるということがあるので、そういったのってすごく大きいなと思って。
で、やっぱり、農家はどうしても経験知に基づく部分のほうが多いんですよね。データをあまり重視しないので……というより、データの取り方がわからない、といった方がいいのかな。データを取っている方があまり身についていない状態。
“吉成邦市(代表/稲穂メンバー)インタビュー 第1回” の続きを読む